FreeBSD 10.1の環境

日々....

マイクロサーバーそろそろ、FreeBSDの環境も10.1に更新しよう。今迄使ってたインストーラーは9.1ベースなので更新しよう。

かなり忘れている

 

11行でFreeBSD 9.0-RELEASEをUSBメモリにインストールする。
9.0-RELEASEからは配布がtxz形式になったので連結する手間が省けた分だけ簡単に。なんかもうインストーラとか煩わしいだけな気がしてきた。1)USBのストレージから起動できるPCがあること2)既にFreeBSDがinstallされてるマシンがあること3)ftp//ftp.freebsd.org/pub/FreeB...

ここに、USBへのインストール方法が詳しく載ってる。、感謝‼️

取り敢えず、このようにインストールして、freebsd-distも入れて置く。そしてrc.confを書けば取り敢えずOK,

後は逆手順で母艦を作ってパッケージを作成。

実際に使うのはMicro SeverやMLすになるから、スクリプトを二つ用意。

一つは、そのままZFSをインストールして、パッケージまで入れてしまうのと、もう一つは、NanoBSDにしてパッケージもUSBに全て入れてしまうやつ。

状況によって使い分ける。NanoBSDに関してはFreeNasでも良いけど、開発環境ないと痒いところに手が届かないから、自分で作った方が早い。

 

今回はMicro SeverのGen8がめちゃ早い事が分かったからからやる気なった。15分でSambaからLdapそしてvpnまで動いている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました